看板デザインで押さえておきたいポイントとは?初心者にも分かりやすく解説します!

看板デザインはシンプルな定番が一番です。
あるデザイナーはこう言って自身や世の中のプロダクトに戒めの言葉を与えています。
デザインは付け足すのではなくて、これ以上引けなくなるまで引き算をした物が最良です。
ごちゃごちゃと見にくいよりも、シンプルで誰が見ても伝わるデザインが最良になります。
そこに文字を入れたりロゴを入れて行き、自分のお店のオリジナルカラーを出せばいいのです。
そして一番重要なのは看板ではなく、仕事や責任感や他者に対する思いやりに他なりません。

看板デザインで押さえておきたいポイントとは?初心者にも分かりやすく解説します!

看板デザインで重要なことは、そのお店がどんな仕事をしているのかを一目でアピールする方法です。
バイクショップならば二輪のロゴを入れてみたり、スーパー銭湯ならば温泉マークなどを使うことで誰が見ても分かりやすい看板になります。
デザインに凝ったりして一目で見て何のお店か分からない場合は、通常で考えれば効果はありません。
看板デザインの初心者であるからこそ、デザインはシンプルで定番のロゴなどを組み合わせればいいのです。
力を入れるのはいいですが、独りよがりになってはいけません。

看板デザインの重要性とは?効果的なデザインで目的を達成しよう!

看板デザインの重要性はお店の信頼と直結しています。
その会社の人と接して嫌な気分を抱けば、以後その看板を見ただけで嫌なイメージがするのです。
5年後10年後に今度は相手を選ぶ立場になった時に、納入業者から外すこともあります。
だから企業の看板を背負っている時には高圧的な態度や、モラルや公序良俗に反することをしてはいけません。
しかし現実には、未だに看板の重さを分かっていない会社員も多くおります。
看板デザインの話に戻ると、前述した企業イメージと同じ話です。
製品に不都合があった時には迅速にリコールして誠心誠意の謝罪をしたり、社内の人間が侮蔑的な言動をしたら断固とした対応が必要になります。
こうしたトラブルを放置していて、業績が悪化してしまった企業だってあるのです。
何のために仕事をしているかと言えば利益を出すためですが、お客様に選ばれない企業は利益を出せません。
下請けや面接希望者だって立場を離れたらユーザーになります。
もしそんな人たちに理不尽な対応をしたならば、その慢心はやがて大きなダムを決壊させる亀裂にも成り兼ねません。

看板デザインの最初のステップは看板設置の目的を明確にすること

看板デザインにはさまざまな目的があります。
屋号を掲載して格式を持たせる場合、どんなお店なのかアピールするためにロゴを掲載する方法も一つです。
屋号を掲載して駐車場などの案内表示も行うハイブリッド型など、求める回答に応じてデザインも変化してゆきます。
決められた枠の中で正解を探る行為ですが、欲張らずにシンプルに表示を行うのがポイントです。
例えばディスカウント店へ行ったとして、安いお得セールなどの文字が並んでいると食傷気味になってしまう人もいます。
押し出しの強さが売り上げの明暗を分ける場合もありますが、人によってはアレルギー反応を起こしてしまいかねません。
デザインや広告文字はプラスになるだけではなく、ネガティブマーケティングになってしまうリスクもあることを理解した方がいいのです。
企業でも同じです。
営業や人事が外部の人に高圧的な態度を取ってしまうと、企業イメージを棄損する結果になります。
その社員の間違った行為で、将来数億円の利益をふいにすることだってあるのです。
看板デザインだって本質は全く同じになります。

看板デザインでは情報の詰め込み過ぎに注意しよう!

看板デザインを行う場合には、情報の詰め込み過ぎに注意をすることが必要です。
できるだけ多くの情報を提供し、見る人に興味を持ってもらいたいと考えることが少なくありませんが、そのためにアピールしたいポイントがぼやけてしまい、本来の意図が伝わらないと言うことが多くなります。
看板デザインは、できるだけシンプルに訴えたい内容のみを示すことが良い方法となっています。
看板デザインのポイントは、可能な限り見やすくすることにあります。
通りすがりの人が目にしたときに注目を集めるようなものとすることが理想であり、そのためには情報量を減らし表現を端的に行うことが良いものとなっており、様々な情報が含まれていると十分にこれらを得ることができない場合も少なくありません。
特に自動車を運転している人にとっては一瞬で情報が得られることが理想であり、様々な情報が含まれていると結局理解されないと言うことになります。
看板デザインを行う際には、この点に注意をすることが必要です。

看板デザインは視認性を意識するのがコツ

看板デザインを行う上で押さえておきたいポイントはいくつかありますが、最も重要と言っても過言ではないのが視認性を意識することです。
看板を設置したとしても、通行人に読んでもらえなければ意味がないため、文字の大きさやフォントなどには十分に注意しましょう。
文字の大きさについては、一般的に「看板までの距離(cm)÷250」が適切な文字の縦サイズ(cm)だとされています。
例えば、看板までの距離が10mほどであった場合、文字の縦サイズは最低でも40mmは必要です。
ただし、英文字は和文字よりも読み取りやすいため、和文字よりも一回り小さいサイズでも問題ないとされています。
なお、この式は看板を見る人が静止していることを前提としています。
ロードサイドの看板など動いている人を対象とする場合は、1.5~2倍ほど文字サイズを大きくしないと視認できない可能性があるので注意が必要です。
また、フォントについては基本的にはゴシック体を使用するのがおすすめです。
ゴシック体は横線と縦線がほとんど同じ太さで、遠くからでも色落ちしていても視認しやすいフォントとなります。
明朝体など他のフォントを使っても問題はありませんが、ゴシック体以外のフォントで看板デザインを行う際は視認性について十分にチェックしておくことが大切です。

看板デザインに関する情報サイト
看板デザインのポイント

看板デザインはシンプルな定番が一番です。あるデザイナーはこう言って自身や世の中のプロダクトに戒めの言葉を与えています。 デザインは付け足すのではなくて、これ以上引けなくなるまで引き算をした物が最良です。ごちゃごちゃと見にくいよりも、シンプルで誰が見ても伝わるデザインが最良になります。そこに文字を入れたりロゴを入れて行き、自分のお店のオリジナルカラーを出せばいいのです。そして一番重要なのは看板ではなく、仕事や責任感や他者に対する思いやりに他なりません。

Search